その他

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池島2009 ラスト 一気出し

昨日更新で出来なんだので今日は一気出しで池島2009終了します。
3月に載せたのとまったく内容がかぶっているのですが、半年前の自分の処理能力と比べてどうなのか良くわかります。結局あまり変わってねーな、とw
DSC00710_1_2_3_4_5.jpg
遠くに見る第一立抗
DSC00019_20_21_22_23.jpg
近くまで来ました。あまり深入りはしてません。
DSC00717And7more.jpg
圧倒的な迫力、やっぱ凄い。
DSC00045And8more.jpg
帰る時間が近づきます。
DSC00092_3_4_5.jpg
夕日が綺麗です。
DSC00126_7_8.jpg
黄金の国、ジパング。
この黄金の国の高度経済成長を裏支えし、西日本では最後まで稼動していた池島炭鉱。
感動と感謝の気持ちでいっぱいになります。

さてネタも尽きたので、次回更新は来週月曜日からとなりそうです。
またよろしくお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

追記:Photomatix 日本語版ユーザーの皆様、昨日29日にVer3.2.3のアップデーターが公開されておりますよ。ジャングルのページへ飛ぶ
スポンサーサイト

池島2009 その3


フェイクHDR 見えている範囲の建物すべてが無人です。
僅かに暮している人の手によって植えられた向日葵が綺麗でした。
20090920-DSC00688-94-Edit-Edit.jpg
かつて人で溢れていたであろうメインストリート。
DSC00679_80_81_82_83_84_85.jpg
右手の建物はボーリング場とかスナックとかが入っていた建物です。
DSC00650And7more-Edit.jpg
島唯一の神社。荒れていました。
軍艦島もそうだったけど、ここも静かなんですね。
操業していた当時の華やかさを感じる分、現在のギャップが心に沁みると言うか。

もうちょっと続く…
ポチッとな。
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

池島2009 鉱山住宅編 その2

昨日の続き
DSC00630And8more-Edit.jpg
8階建て住宅
DSC00552_3_4_5_6_7_8.jpg
8階建て住宅の27号棟と29号棟を繋ぐ連絡通路部分だったと思います。
エレベーターがない代わりに建物の中間部分が地上と隣の棟とつながっていました。
DSC00580And7more-Edit-gimp.jpg
そして山の男たちは現場に向かうわけですな。
DSC00594And9more-Edit.jpg
島で海が一番綺麗に見える場所だと思った。
抗道総延長距離90キロもし”何か”あれば地上で見る最後の景色となるからです。
DSC00614_5_6_7_8.jpg

さらに続く…

今回の訪問では32GBのCFを使い切る撮影だったので、編集に時間がかかっております。
まぁもうちょっと頑張る。
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

池島2009 炭鉱住宅編 1


前回訪問時(2月頃だったかな)はあまり撮影しなかった池島の炭鉱住宅です。
DSC00504_5_6_7_8-Edit-Edit.jpg
HDR化したあとインディアンサマーちゅうエフェクト効果をわずかにかけて、空の部分にスマッジ処理(こすってボカした感じ)して建物の立体感を誇張してみました。葉っぱと空との境に処理の手抜き具合が残ってますw
DSC00534_5_6_7_8-Edit-gimp.jpg
B/Wは僕の好きなトーンです。

僅かですが、ここは人が生活しており廃墟ではありませんので、くれぐれもお間違えの無いようにお願いします。
写真とってたらさ、おばちゃんが言うのよ。
「こんにちわぁ、廃墟ば撮りに来たと?」て。
おばちゃんとしてもあまり好い気はしなかったでしょうな。住民ならどう思うかと考えたら、複雑な気分です。

長文書くのも何なので明日に続く…

ワンクリックいただけると元気もでるさぁ↓
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

池島 2009 その1


先日、まだ夏の余韻が残る池島に行った。
20090920-DSC00450And8more-Edit.jpg
昼を夜に見せかけるレタッチ。
巧妙な嘘を織り交ぜながら、写真に潜む真実なんて見抜けるはずがない。
最近、本当の色が何色だったかさえ分からなくなってきているのに。。

もがきながら、能書きをたれながら
そうやってしか僕の写真に成長はないと思た。
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村
廃レタッチでこのシリーズはお送りします。

片島魚雷発射試験場跡 3


朝のすがすがしい空気に包まれてマス。
DSC00296And7more-Edit.jpg
結構小さい。
釣り人の冷ややかな視線を感じながら撮りました。

明日までこのネタで引っ張ります。
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村
今日から仕事の方も多いのでは。あー嫌だ。

片島魚雷発射試験場2

DSC00019-25-Edit-gimp.jpg
太陽の加減が難しいです。
DSC00164And9moregimp-Edit.jpg
引きが取れないのでコレが精一杯の画角です。
ちなみに↓が元の画像です。どんだけ弄っているのかが分かってもらえるかなーと思ってね。
DSC00172.jpg

廃墟写真て一体何だろうね。
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

片島魚雷発射試験場跡 再訪



黒から紺色、青色、水色へと変化するグラデーションがうまいこと表示できてますでしょうか?
一応8枚重ねてトーンマッピングしてますが、あまりHDR感のない写真で仕上げました。
こんなトーンの写真も好きです。

穏やかな海は優しいですな。
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

スカイレスト再訪2

NIK Color Efex Pro 3.0の感覚がつかめてないんですが。面白いのは確かだなコレ。
DSC00071_2_3_4_5a-Edit.jpg
天井の蔦 美しい。
DSC00223And7more-Edit.jpg

DSC00231_2_3_4_5-Edit-Edit.jpg
僕にとっての定番カット
DSC00135_4_3_2_1-Edit-2.jpg
定番カット2
DSC00127_28_29_30.jpg
廃墟ルネッサンス制作委員会 新入りの土倉君。
まぁ彼には頑張ってもらうしかないな。目指すはアメリカだ(笑)

とりとめのない写真を並べてみました。
明日から本気だす!!
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村
ありがとうございます。

スカイレスト再訪

HDRすることも楽しいし、レタッチも面白い。でもやりすぎると酷くなる。
今日の写真はその好例かなとw
既に3度目の訪問にして、まだ納得いく写真が得られないとは。
DSC00001_2_3_4_5-Edit.jpg
なんだこりゃ。携帯各社の電波棟が密集しています。
DSC00009-19-Edit.jpg
なんだこりゃツー。
DSC00047And8more-Edit.jpg
NHKの中継所が邪魔ですた。
DSC00111-8-Edit.jpg
あまり足を踏み入れたくない感じの宴会場跡。

明日に続く。

最近は失ったHDDの写真の再構築中なので、ひたすら再訪の旅の最中です。
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村
応援ポチありがとです。

有沢(松尾)無線中継所跡 再訪単発

高知の山深いところにある、有沢無線中継所跡はこの時期ススキに囲まれて秋の気配でした。

今日の写真は全てphotomatix→lightroom2→Nik Color EfexPro 3.0で編集してます。霧はレタッチで書き加えてます。
DSC00696_697_698_699_700-Edit.jpg
いつも通りブランケット撮影のHDRですが、この日は奇跡的な無風状態でした。
DSC00538And8more-Edit.jpg
最近、モノクロ調はあまりやってませんでしたね。
写真を撮っているよりもレタッチしてた方が楽しいと言うのも本末転倒な話でやんすな。

東北方面に行くつもりでしたが、今頃は九州にいるかも。
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

廃校ノスタルジア 番外編2

昨日の続きです。

3F廊下の様子。かなり雨漏りがひどいようです。
結構カビ臭くて、奥には進みたくない感じでした。
天井の板は故意に外したようですね。
DSC00360_1_2_3_4.jpg
2階の角部屋が理科室のようでした。
DSC00376And7more.jpg
教室の様子。床にたくさん落ちているのはススキの穂でした。
このススキで蓑(みの)を作っているようでした。
DSC00345_6_7_8_9.jpg
階段踊り場の水道は蜘蛛の巣に飲み込まれていました。
フィルムで撮ったようなレタッチをしてみました。ぽいでしょ。
最近はHDRでも、より廃墟の空気を再現する方向でレタッチしてみようと思っています。

こんな感じでこの廃校の写真は終わります。
どうですか?結構普通でしょ。やっぱり木の温もりが大切な要素であるようです。
窓ガラスがバリバリに割られたりしてないだけ安心しました。
そうそう、ここで10cmクラスの蜘蛛さんに遭遇しました。やっぱりこの季節の廃墟はコエ~ですわ。

昨日、今日とたくさんの方にポチしていただきまして、ありがとうございました。
連休中は一応撮影に行くつもりでいます。予約投稿してから出かけるつもりです。
再訪したスカイレストニュー室戸と有沢無線中継所です。
どうぞお楽しみに。。。
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

廃校ノスタルジア 番外編1

廃校が強烈な哀愁を感じさせる事は、以前の記事においても感じていただけたと思っています。
今回僕は、この廃校の哀愁とは一体何所から来るモノなのか探るため、今までとは違うパターンの廃校に行ってきました。テーマは”鉄筋コンクリート造だとどうか?”です。

結構ネットで探してやっと見つけました。四国のどえらい山奥にRC造の廃校を。
どうですか。この堂々した建て構え。よくあるパターンの学校だと思います。
DSC00401_2_3_4A.jpg
結論を書いちゃうと、鉄筋校舎には哀愁が漂い難い。が感じた答えです。
廃墟マニア的にはワクワクするんですが、撮ってて面白くないんですね。
外観はイイんだけどな。
DSC00305_6_7_8_9.jpg
プールもイイ感じです。
DSC00286And7more.jpg
解像感はあるもののHDR的にはイマイチですね。

明日は中の様子をのっけます。

頼む押してくれー!!
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村
ありがとーぅ。

護法祭@非HDR

今日は言い訳から入ります。
やっぱりストロボ撮影禁止の、動き回る被写体は僕には荷が重過ぎました。
今日の写真は全てISO3200か6400で撮ってます。画質最悪です。
DSC00101.jpg
出ました!!護法実様です。
DSC00106.jpg
漆黒の闇の中、走りまくりです。
DSC00113.jpg
この人に捕まると災いが。近づきたい、でも怖い。
大げさじゃなくて、カメラを持つ手が増えます。
DSC00110.jpg
山伏の方の念仏が 何をしゃべっているのかは聞き取れませんでした。
DSC00111.jpg
そしてまたダッシュ。

延々40分位今年はお遊び(走りまくる事)されました。今年も誰も捕まらなかったようで何よりです。
全然思い描いたいい写真が撮れないイベントです。だから来年も行きたくなるのですが、盆休みの真ん中にあたるため、この撮影に行くと、遠征できなくなるんだよな。この護法祭、ここ両山寺以外にも2ヶ所で行われているようです。そっちのほうが撮影条件はいいようです。
たまにはこんな写真も撮っていると言う紹介記事でした。

明日からは廃校ノスタルジア 番外編です。

岡山県奇祭:護法祭@非HDR

岡山県のちょうど真ん中あたり、美咲町の両山寺というところで毎年8月14日の深夜に護法祭という祭りが行われております。
DSC00158a.jpg
この護法祭、岡山県でも知る人ぞ知る奇祭で御座いまして、護法善神という神様にのりうつられ、神憑り状態となったゴーサマが、お寺の境内を走りまくるという、なんともハイテンションなお祭りな訳です。
僕は「祭り」と言うものに興味は無いのですが、この祭りだけは例外でして、この走りまくるゴーサマにとっつかまった人間は1年以内に死ぬと言われております。
なのでゴーサマにちょっかいを出したり、ストロボを焚いて刺激する行為は厳禁となっております。
DSC00163a.jpg
メインであるゴーサマのイベントまでは、津山鶴丸太鼓さんという方々の太鼓打ちなどでほのぼのした田舎のお祭りと言った風情です。
DSC00135a.jpg
夜が更け、30分毎だったか、山伏たちがホラ貝で時間を知られてくれます。
DSC00066a.jpg

次回の記事ではいよいよゴーサマの登場です。

空白期間

DSC00013_4_6_8_DXO.jpg
毎年の事なんですが、僕の勤める会社がこの時期、公共事業がらみの繁忙期でして、6・7・8・9月は死ぬほど忙しいのです。休日出勤もあるし。それ以外にも先日までの空白期間は僕自身が鬱状態だったし。
今は逆に躁状態なので、テンション高めなので更新再開しています。と、まーこんな感じで言い訳を載せておいて。
PICT0004_DXO.jpg
でも、より気軽に写真を撮れるように、VistaQuest VQ5090っつートイデジを買ったりして充電してました。
8900円程度のデジカメですが、めちゃ良く写りますな。よりそれっぽくなるようにレタッチする必要があるくらいです。このカメラでHDRかますのはメンドクサそうですがw

今年の夏は自分でも驚くほど写真を撮りませんでした。そのぶん秋以降やりたいことも見つかったし、たくさん撮りたいイメージも頭の中で描けたので、今年もあと3ヶ月とちょっと、突っ走るぜィ!!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
明日からはこの夏唯一撮った祭りの写真を載せますよー。

廃校ノスタルジア 大芝小学校 ラスト

今日もてんこもリングでおおくりします。
DSC00031_2_3_4_5.jpg
教室からは海が見えて
DSC00011_2_3_4_5.jpg
黒板には想いが綴られてます。
DSC00022_3_4_5_1.jpg
校長室だった部屋です。がらんどうなのが寂しいです。
DSC00156_57_58_59_60.jpg
給食室は完全に傷みが進んでいました
人がいなくなって管理しないと急速に建物は駄目になりますな。

と、こんな感じでここの紹介は終わりです。
まだ僅かながら解体まで時間があります。体育館では休日には朝市もしているそうです。
興味のある人は行かれてみてはどうですか?
広島県東広島市安芸津町大芝島ですよー。

ちゃんと三脚を使うべきだった点。タムロンのA05は周辺が使い物にならない点。
室内と屋外を同時に演出するのはHDRは最適な点。色々学びました。
学校に行けば学べるんだな。それが廃校でもね
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村
応援クリックありがとう御座います!!

廃校ノスタルジア 大芝小学校2

昨日に引き続きまして大芝小学校です。今日は廊下編です。
DSC00106_07_08_09_10.jpg
地元の方に色々と話を聞きながら撮影するのは始めての経験で。1階の廊下。
DSC00006_7_8_9_20090907033654.jpg
もう何年も窓も開けれることも無かっただろうし、埃もそれなりには溜まっているのに、ものすごく居心地がいいんです。懐かしい感覚と優しい光に包まれます。
DSC00026_27_28_29_30.jpg
↑2階の廊下なんてね、いまだにワックスが効いてツルツルしていて、感動的でさえありました。
DSC00041_2_3_4_5.jpg
平成9年10月に大芝大橋が開通して、この大芝島も交通は便利になったのですが、過疎化の波には抗えず小学生も橋を渡って本土の小学校に通うことになったそうです。
おばちゃん曰く、昔自分もこの絵に書かれている船に揺られてお嫁に来たんだとか。みかん栽培が盛んな大芝島で「これからはみかんが食べ放題だなー」と喜んでいたら、栽培する苦労はそりゃ大変だったと。とぉ~い目をして懐かしんでおられるようでした。
そんな話を聞いてこの絵を見ていたら、迂闊にもちょっと半べそかいちゃいましたw

この廃校は比較的ナチュラルテイストなHDRでおおくりします。明日でラストーー!!
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村

廃校ノスタルジア 広島県 大芝小学校1

本来なら物件名を載せるべきではないかも知れませんが、この小学校跡は10月には解体されることが決まっているとのことですので、あえてSEO対策的なタイトルで更新します。で、ここの卒業生なり同じく写真好きな人が解体前にこの場所に足を運んでくれたら、たぶんこの学校も喜ぶのではないかとの思いです。
失ってしまってから後悔しても遅く、でも無くすことが決まっているなら、せめてその場所に存在した証をできる限り残しておくべきだと考えます。適当な僕でも少しくらいは写真で役に立ちたいと思うこともあるわけです。なので更新しまーす。

穏やかな瀬戸内の大芝島というところに、この廃校は建っています。
DSC00101_2_3a.jpg
最も在校生の多い時で100数十名いたこの学校も、92年に最後の卒業生(1名)を送り出して休校となりました。

写真を撮っていたら、地元の人が集まってきてくださって、昔の話をたくさん聞かせてもらいました。
もう解体されるからいっぱい写真を撮って帰ってね、とも。
そんなこと言われたら俄然本気になるわけです。
DSC00111_2_3_4_20090902024938.jpg
西日に照らされて、二ノ宮金次郎氏も輝いて見えます。
DSC00132_3_4_5.jpg
校舎の裏側に来ました。
DSC00146_47_48_49_50.jpg
見えている窓から中を覗き込んでみます↓
DSC00136_7_8.jpg
だーなんて素敵な学校なんだと思いました。やっぱり木造ええで。

明日に続く。

日本ブログ村を僕自身1ヶ月近く覘いてないんですが
ご祝儀的なポチを期待してないんですが、ポチってね(笑)
にほんブログ村 写真ブログ HDR写真へ
にほんブログ村
プロフィール

廃墟ルネッサンス制作委員会制作総指揮 マッハ山下

Author:廃墟ルネッサンス制作委員会制作総指揮 マッハ山下
廃墟馬鹿です 写真馬鹿です 総じて馬鹿です
ろくでなしと言われます

Twitter @RuinVuitton

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
リンク
カウンタ

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。